2010年11月26日

大学と能力

 
 人はそれぞれに適した能力を持っているといわれています。

それは言語による構想力・芸術性に優れた能力・論理的思考力の強さ・

音楽的な能力、・スポーツや運動にすぐれた能力・宗教的な構想力・

知的な活動に優れた能力・自然探求力に富んでいるなどです。

日本における「学力」とは、ただ単に知識を多く持っているかどうかが

判断材料とされがちです。

しかしながら私達が本当に必要なのは知識というより

も知恵です。知恵は心の中で迷いが生じた時、

正しい選択に導いてくれものであり、個人に備わっている能力を

引き出すためにとても大切な要素といえるでしょう。

知識と知恵のバランスでしょうか。両方あれば一番いいので

大学で勉強をがんばってあとはいろんな経験をとおして

いわゆる悪知恵ではなく人生に

必要な知恵を大学時代に吸収できればベストですね。


posted by のん at 20:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。