2010年11月26日

大学の歴史

大学の歴史について考えてみましょう。

日本に大学が出来たのは、明治時代に入ってからのこと、

つまり欧米から実に250年以上遅れているのです。

そしてその基盤は当時世界一の国家であるドイツにならっています。

ドイツやアメリカの大学のいい所を吸収してきたといえる

日本の大学ですが、そこには大きな問題が潜んでいます。

それは日本の大学には活気がないことです。かつての日本では

「伊勢詣で」が盛んでした。伊勢詣では、日常からかけ離れ

「世間」を自由に見聞し、遊びも含めた様々な知識と経験を得る

ことが世間的に許された期間であるといえます。現在の日本の大学は、

まさにこの「伊勢詣で」に例えられるでしょう。日本の学生には「学び」が足りません。

これからの日本は、アメリカと同様に自国の力で技術や科学に投資をし、

育て、豊かな文明を築いていかなければなりません。

その土台を作るのが大学の大きな役割といえるでしょう。

日本の大学は入るのは大変だけどでるのは簡単。外国の大学は

その反対ではいるのは簡単だけど出るのが大変と昔からよくいいますよね。

受験勉強を必死でしてはいったら安心してコンパしたり遊んでしまうんでしょうね。


posted by のん at 20:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。